無線LANの規格比べ

インターネットは有線か電波かの違いはあれ、必ずケーブルでつながった状態で作動します。
さらに高速インターネットを希望するなら光回線が現時点では最速です。
場所を選ばずにネットにつなげたいなら無線LANを選ぶべきですが、規格が様々ありますから状況に応じて選択する事ができます。

今の状況に不満が少しでもあるなら、設置場所を変えてみる事で、通常は改善されますが改善されなかったら子機(パソコンなど)を買い換えるか、親機(無線LAN機器)の点検を検討してください。
無線LAN規格の違いは明確です。
一般に普及している規格は、11ac、11N、11A、11g、11Bの5つとなっています。
最速は11acですが障害物や電波の影響をほとんど受けません。
電波の良い例としては電子レンジなどの電化製品やBluetoothを上げる事ができますが、この影響を受けるとスピードは遅くなります。
11N、11A、11g、11Bの順番に速度が遅くなります。
11Aは障害物の影響を受けやすいですから、部屋の中央に設置するなどの環境整備が必要です。

ただし電波の影響はありません。
11g、11Bは電波の影響を受けやすいです。
さらに11Bのスピードは遅い上に障害物や電波の影響を受けやすい事もあって、ほとんど利用される事がありません。
11acはストリーム数も比較多めで周波数も2.4GHz帯・5.2GHz帯両方に対応していますから、最有力候補です。
今回は無線LANの速度の決め方についてお話します。



■Special Link
場所を選ばずにネットにつなげるポケットwifiに関する情報を掲載してます … ポケットwifi